こんなところにも影響が。

今日は車のタイヤ交換に行ってきました。
そろそろスタッドレスからノーマルタイヤに
したほうがよいかと思いまして。

いつもこの車を購入したディーラに行っていて、
営業の人とおしゃべりしながら、
タイヤ交換が終わるのを待つのですが・・・
今日は時事ネタというか、地震の話題になりました。

SUZUKIは浜松に工場があるので、
先の静岡地震があってから、
まともに操業できていないらしく、
在庫があるのかないのかすら分からず、
ディーラは成約しても、いつ納車できるか
まるでわからない状況だとか。

車体があったとしても、今度はナビなどの
オプションパーツが納品されないとか。
関西は割と平和に過ごしていると思っていた
のだけれど、こんなところにも影響がありました。

思えば、今、私がやっている仕事は、
ほぼ社内の仕事のようなものだから、
地震の影響を感じることはなかったのですが、
製造業全体でみれば、確かに操業していない
ところも多くあります。
うちの郡山@福島にある工場も場内立ち入り禁止で、
いつ再開できるか目処が立たないとか。

まあ、こういうときこそ、うちみたいな会社は
全国いろいろな場所で事業展開している意味が
あるのでしょうね。

ガソリンも急に高くなったし、スーパーなどから
非常食品や電池が軒並み無くなっています。
やっぱり、爪あとは大きいです。

だからこそ、私は私のことをやっていくのが
いいのだと思います。
変に自粛するのは、やっぱりよくない。
無駄遣いするわけではないし、
節約だってするけれど、
広域にわたって経済活動が止っている
場所があるんだから。
どこかで経済活動を続ければ、まだなんとかなる、
内需が止まったら、本当にピンチになる、
そんな感じがします。

こういうときこそ、普段どおり、自分の軸を持って
生きたほうがいい・・・そんなことを改めて感じました。

願わくば、このことが収まったとき、経済以外の
価値観を大切にして生きる人が増えるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました