あなたの仕事を止めるものは・・・

この金、土と研修に行ってきました。
今回は、私は受ける側として参加です。

普段研修をする側にいるせいか、
自分が研修を受けているというのに、
ついつい自分だったらどうするか、
ここはこうした方がいいかな、
これは使えるかも、
ここは滑ってるな~、などなど、
多分普通に研修を受けている人とは
違う所を見ています (^^;

全く同じ現象が起きていても、
人によってはその受け取り方が
全然違うということですよね。

研修を受ける。

全く同じ事をしているのに、
人によって全く意味づけが変わって
います。

そう、人は自分の価値観で、
現象に意味づけをするのです。

同じ研修を受けているのですが、
ある人にはすごく効果的だし、
ある人には全く効果がない
といったことが起こります。

研修は変わりません。
同じコンテンツを、
他の人に対してするのと
同じようにあなたに伝えています。

あなたがどう受け取るか、
それが全てを決めています。

そして、これは研修に限りません。
すべての事柄で当てはまります。
このブログもそうです。
読む人によって受け取り方は
全く違うわけです。

つまり、結局、自分が何をどうやっても、
その評価は相手が勝手にする。
これが事実なんです。

したがって、あまり過剰に、
人からどう見られているか、
を気にし過ぎても、仕方がない
のです。

仕事の悩みの大部分は
人にどう見られるか、
どう判断されるか、といったことに
ついての悩みに尽きます。

そして、残念ながらこれは悩んでも
仕方がないということです。

相手が取りたいように
取るわけですから。
怒られたのは、アイデアが
悪いんじゃなくて、単に上司の
機嫌が悪いだけかもしれません。

結局は、思い切って自分なりの
最大限の仕事をすることです。
そうやって自分のレベルを上げていく
ことが大切で、ちょっと小手先のことを
してその場をごまかすようなことを
しても仕方がないのです。

思い切ってやってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました